ミシンをご購入前によくある質問

故障の状態や型式、使用年数によっては、安易に修理をおすすめできない場合もありますが、愛着のあるものでしたら、できる限り尽力致します。
無理にお買い換えをおすすめすることはありませんので、安心してお近くの店舗にご相談ください。

各店舗にて下取り致します。
下取り金額は、お買い上げ商品によって異なります。
故障しているミシン、破損しているミシンなども下取りの対象となります。
部品が不足していても下取り致しますので、お買い換えの際は、ぜひ各店舗へご相談ください。

初心者、熟練者に関わらず、ほんの少しのトラブルや、使用方法のまちがいで起こる小さなトラブルを、ミシンの故障と勘違いしてしまうことがあります。
新しいミシンを使い始めてすぐのトラブルだけではなく、しばらく使い続けてからのトラブルもあり、そういったお問い合わせは、常に多く寄せられています。

ネット購入の場合は、保証期間の修理の窓口や、相談窓口が、ネット上の店舗になるため、メールや電話だけでは、使い方で起きたトラブルなのか、故障なのかの判断がつきにくく、簡易修理の場合でも、箱を用意し、梱包して送らなければならないこともあります。
故障の有無や、大小に関わらず、送料や手数料が発生することもあります。

ミシンを販売しているネットショップは、ミシン専門店とは限りません。
そのため、安く購入できたのはよかったものの、修理の技術サービスが受けられず、保証期間内の点検・修理もメーカー依頼となり、メーカーは、「購入店へ依頼してください。」という対応となる、いわゆるたらい回し現象が多発しています。
ミシンの購入前は、価格や付加ポイントに注目してしまいがちですが、ミシン初心者の方や、使い方に不安のある方は、自分に合ったアフターサービスを安心して受けられる販売店を選ぶことをおすすめ致します。

家庭用ミシンの選び方よくある質問

「裾上げをしたい」「マスクを縫いたい」「バッグを作ってみたい」など各々のイメージがあると思います。
ミシンは縫うための道具です。ミシン選びで失敗しないために、
ご予算内のミシンで、イメージ通りの作業がどこまでできるのか?
イメージ通りの作業ができるミシンは、どのくらいの価格なのか?

この2つを知ることが大切です。

「初心者なので、使いこなせるかわからない」「使用頻度が少ない」といった理由で、価格重視でミシンを選ぼうとしていませんか?そのミシンの性能をもういち度確認してみましょう。

コンパクトミシンや安価なミシンは構造が簡易的なため、軽量でパワーが弱く、バッグの持ち手を縫い付けたり、デニムの裾上げをするような使い方は、故障の原因になりかねません。
厚みのある生地や、生地が重なった段差では進みが悪くなり、糸がからまったり、針が折れたり、思っていたより使い勝手が悪く感じてしまうことが多く、イメージしていた性能が得られないことが多いのです。

その「直線縫い」の仕上がりイメージが、工業用ミシンで縫製された既製の衣料品レベルだったりしませんか?
家庭用ミシンは性能によって、縫いやすさ、縫い目の仕上がりに大きな違いがあります。

「縫いにくいミシン」は、布押さえが安定せず縫い始めや段差のところで布が進みにくかったり、生地が縫いずれたりつれてしまったり、生地の種類や厚さによって、糸調子が変化しやすく縫い目が均一にならないことなどがあります。
「縫いやすいミシン」は、どんな生地を縫っても、布押さえや布送りが安定し、縫い目を均一に保つことができます。

「縫いにくい体験」や「使いにくい体験」が苦手の原因だったりしませんか?
ミシンの「使いやすさ」には個人差がありますので、店頭で実際に操作の仕方や縫い方などを体験し、比較して頂くのがおススメです。

主に性能の違いです。
同じ生地を、同じように縫っても、性能に伴って、「縫いやすさ」や、「縫い目の美しさ」「操作のしやすさ」が異なります。

ひとことで性能と言っても、いろいろな性能がありますが、直線縫いで比較すると、厚物縫いでは、針の貫通力、縫い始めや段差での布送りの安定感、糸調子の安定感(目のつまりや目飛びなどの度合い)薄物縫いでは、布送りの安定感(縫いずれや縫い縮みの度合い)、糸調子の安定感(つれた感じや目飛びのなどの度合い)などが性能と価格によって異なります。この他にも、作業スペース、自動糸調子、自動糸切り、自動ボタンホール、刺しゅう機能、安全装置、模様縫いなど、それぞれ様々な違いがたくさんあります。使いやすさには個人差がありますので、ぜひ店頭で性能の違いをお試しください。さらに詳しくご説明致します。

コンピューターミシンは、初心者の方にも安心な、まちがえた操作を防止してくれる安全装置が付いています。
電子ミシンのような安全装置の付いていないミシンは、まちがえた操作をしないよう注意を払って使用する必要があるため、初心者の方には、コンピューターミシンをおすすめすることが多いです。

電子ミシンでも、コンピューターミシンでも、修理料金に差はありません。 修理内容で料金を設定しています。

ミシンの性能に見合った使用の仕方であれば、ほとんど故障は起きません。
寿命でない限り、ほとんどの故障は、ミシンに負荷が掛かった時に起きます。これは、コンピューターミシンに限ったことではありません。

電子ミシンを使用するときに、特に初心者の方は、注意を払って使用しなければならない点がいくつかあります。

電子ミシンは

  • 選択した模様に合わせて、縫い目の長さを手動で設定する必要があり、選択した模様と縫い目の長さのバランスが合っていないと模様がくずれてしまいます。
  • 押さえが上がっているときでも、スタートボタンを押したり、返し縫いレバーを下げたりすると作動する構造のため、押さえを下げ忘れてスタートすると糸がからまってしまいます。
  • 縫製をストップするたびに針が上がった状態で停止するため、角を縫うときは、手動で針を下げてから方向転換する必要があります。針が上がったまま生地を動かしてしまうと、糸調子がくずれ、角がきれいに縫えなくなってしまいます。

コンピューターミシンは、特に初心者の方や苦手な方に安心な機能が付いています。

コンピューターミシンは、

  • 模様選択は、ワンタッチで自動的に平均的な縫い目の大きさにコントロールされるため、瞬時に模様を切り替え形よく縫い始めることができます。
  • 押さえを下げ忘れたときは、スタートしようとしても作動せずに、エラー内容を表示してお知らせしてくれます。
  • 縫製をストップすると針が下で停止するため、方向転換がスムーズにできます。

この他にも、電子ミシンとコンピューターミシンの違いは様々あります。コンピューターミシンは、種類も多く様々な性能のミシンがあります。
使いやすさには個人差がありますので、ぜひ店頭で性能の違いをお試しください。さらに詳しくご説明致します。

ミシンの修理についてよくある質問

出張修理はお受けしておりません。
お近くの店舗へお持ち込み頂くか、宅配プランをご利用ください。ミシンの修理ページへ ※当店でお買い上げ頂いた業務用刺しゅう機のみ出張修理を承っております。

一定の期間内で、正常な使用状態での故障に対し、メーカーが商品の品質を保証するものです。保証期間内の修理は製品の販売をした販売店が窓口となり責任を持って行うよう義務付けられております。
保証期間は、メーカーや機種によって異なります。お手持ちの保証書をご確認ください。お困りの場合は、お気軽にご相談ください。

保証期間内の修理の保証は、お買い上げ頂いた販売店のみ有効です。
他の店舗でお買い上げになった商品は、保証期間内であっても有料となります。 ※当店系列店舗の場合は対応致しますので、各店舗にお問い合わせください。

当店でお買い上げの機種で正常な使用状態で故障の場合は、無償で承ります。
消耗部品や、規定外の故障や部品の破損などは有料となります。
使用上のトラブルや修理でお困りのことがありましたら、お買い上げ店舗にご相談ください。

当店では、販売店、メーカーは問いません。お近くの店舗にお持ち込みください。
(料金は、点検箇所・修理内容によって異なります。)
※保証期間内であっても、他店で購入したミシンは、料金が発生致します。